効果がわかる育毛剤情報

育毛剤なんてどれを使っても一緒で効果が無い、そんなふうに悲観的に考えている人もいるかもしれませんが、それは誤った選び方をしてしまったことが原因かもしれません。病気を治療するにはまず原因を特定することから始まります。原因を特定することにより、始めて正しい病気の治療法が行えるのです。風邪やインフルエンザが似たような症状であるものの、その治療法が違うのと同様に薄毛だからといってみんなが同じ原因というわけではないのです。症状が似ていても原因が違うのであれば、ワクチンが特定の病気にしか効果が無いように育毛剤にも期待したような効果が現れないのです。正しい育毛剤選びには、まずは薄毛の原因となりうるものを把握して自分がその中のどれに当てはまるのかをはっきりとさせる必要があります。薄毛の原因は大きく分けると4つに分類され、育毛剤もこの4つのうちのどれかに効果があるように作られているのが一般的です。4つの原因とは血行不良・男性ホルモン・細胞の不活性化・皮脂の過剰分泌です。血行不良とはこの場合、主に頭皮の血行不良のことになります。体中を巡っている血液は細胞に酸素を送り届けると共に、細胞にとって必要な栄養素も送り届ける役割があります。この血液の循環が何らの原因によって滞ってしまうと髪の毛の成長に必要な栄養素が不足し、結果として薄毛になってしまうのです。ホルモンは体の中で重要な役割を果たしていますが、その中の男性ホルモンは毛母細胞の働きを鈍くしてしまうという効果もあります。その為、男性ホルモンの分泌を抑制することで薄毛対策となることもあるのです。血行不良とは違い、血行には問題がなくても栄養分そのものが不足していて細胞の働きが鈍くなっているケースもあります。この場合、ビタミンなどの栄養素により直接毛母細胞に働きかけてあげなければなりません。そうすることにより細胞が活性化し、髪の毛が成長することもあるのです。体を守るために分泌されている皮脂が髪の毛の成長を妨げていることもあります。人に比べて自分は脂症なのではという人の場合、薄毛の原因は皮脂の過剰分泌かもしれません。皮脂の分泌を抑制することで薄毛対策となります。このように、同じ薄毛といっても症状が同じだけで原因には様々なものがあります。ただ闇雲に育毛剤を選んで使用するのではなく、自分の場合にはどの原因があてはまっているのかを調べてから使用するようにしましょう。

MENU

効果がわかる育毛剤情報
使って良かった育毛剤ランキング
あきらめる前に試す土壇場の育毛剤がここに